❖お知らせ

2017-10-25 14:00:00

ご報告が遅くなりましたが、10月14日(土)、15日(日)上野桜木の市田邸におきまして

書・衣・茶~市田邸で楽しむ和日和、無事に終了致しました。

二日間とも雨が降り急に気温が下がる中、たくさんの皆様にお越し頂きまして

本当に有難うございました。

 

書道、着物で日本の素晴らしい四季・春夏秋冬を表現してみました。

春の間 サイズ変更.jpg 

春の間 着物・書 サイズ変更.jpg  春の間 春夏秋冬.jpg  

市田邸の玄関は春のイメージ。刺繍の付け下げと柔らかい書でお出迎え。

 

 

夏の間 サイズ変更.jpg

夏の廊下 サイズ変更.jpg  夏の間 着物・書 サイズ変更.jpg 

廊下は夏のイメージ。こもれび小紋と書の小作品。

 

 

 

秋の間 サイズ変更.jpg 

秋の間 床の間.jpg  秋の間 書.jpg  床の間 お花、香合.jpg  秋の間 茶釜.jpg

秋の間では錦秋を愛でるお茶会が開かれました。

 

 

冬の間.jpg

書冬の間 着物・.jpg  冬の間 紋紙ライト.jpg 

冬の間。会津八十の藍いろの甕・・・という詩に合わせて藍色の小紋と紋紙のライトの柔らかい光が

蔵座敷を彩りました。

 

今回、初めて芸工展への参加、そして書道、お茶の先生とご一緒させて頂きました。

残念ながらお茶会の様子をお写真におさめられなかったのですが、

山田先生、滝沢先生をはじめ、市田邸お茶部の皆様には大変お世話になりました。

これからも着物だけではなく、皆様に和文化に触れて頂けるようなイベントができればと思っております。