❖お知らせ

2018-09-21 10:00:00

9月より始まりました美容師さんのための他装着付け

振袖 集中講習会ですが、今回のお稽古では帯の緩みについての質問が多く寄せられました。

 

振袖の帯結びというと華やかな帯結びにばかり目がいってしまいますが、

帯の締め方、帯枕の置き方、帯枕の紐を締める際のテンションのかけ方や紐の強さなど

一つ一つの工程を丁寧にすることが帯結びを安定させ、美しさを引き出すコツになるような気がします。

 

着付けをした直後はきれいに出来たように見える帯結びも、振袖に慣れていないお嬢様が

歩いたり座ったり、お手洗いに行ったりしている間に帯の下のラインと体の間に隙間ができ

帯が緩んでしまうことがあると思います。

帯がきちんと締められていないという基本的な問題もあるかもしれませんが、

帯が緩んでこないように体型の補整をきちんとすることも着姿を美しくみせる秘訣かもしれません。

1537774873031.jpg

振袖帯結びの新作本や、某着付け学院などでは写真のようなハンドタオルを丸めたタオル枕を使い

帯の結び目の土台として帯を緩みにくくしていると思うのですが、最近の着付けの現場では見かけることは少なく

使っている方をお見掛けすることもあまりないような気がします。

タオル枕の果たす役割をもっと簡単に補整の段階でできないか・・・

実際にタオル枕を使ったやり方、補整で帯が緩まないような体型を作るやり方を比較しながら、

帯結びを安定させるための補整のお話をさせて頂きました。

 

その方の体型に合わせて瞬時に判断し、補整をしていくのは難しいことと思いますが、

理論がわかると補整を入れる場所や量の判断がつきやすくなると思います。

出来上がりの着姿を想像しながら、その方の体型にあった補整をして帯結びを安定させ

かわいらしく、華やかな帯結びができるとよいですね・・・

 

引き続き7回コース、3回コースのお申込みを受け付けておりますので、

ご興味のある方は、お気軽にお問合せくださいませ。

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

2018-09-05 15:05:00

先日お知らせしました、美容師さんのための他装着付け

振袖 集中講習会 15回コースが9月3日より始まりました。

 

初回のお稽古は肌着の付け方、補整の仕方などからスタート。

肌着の付け方は何となくで済ませてしまうことが多いと思いますが、

肌に一番近いところに身につけるものをきちんと扱うよい機会になったかな・・・と思います。

また、補整の仕方もさまざまあると思いますが、現場でのお仕事となると限られた時間で

限られた量の補整をその方の体型を見て瞬時に判断することになります。

手際よく、着崩れないための補整ができるように皆さん試行錯誤・・・

これが一番難しいことかもしれませんね。。。

 

15回コースはスタートしましたが、7回コース、3回コースは

まだまだ受付可能です。

ご自身の苦手なところを克服したり、新しい帯結びのレパートリーを増やしたり、

それぞれのお悩みが解決できるようにカリキュラムを考えられたらと思っております。

 

1536127083383.jpg

実際に着付けの現場に出てみると、短かめの帯を持ってこられるお客様も多いと思います。

長さの短い帯になると、ハネを多く作れずにどうしてもこじんまりした感じの帯結びになってしまうと思いますが、

4Mくらいの短めの袋帯で5枚のひだを作って華やかに結んで差し上げられたらいいですよね・・・

7回コース、3回コースでは、このような事もお伝えしていかれたらな・・・と思っております。

ご興味ある方は、お気軽にお問合せくださいませ。

宜しくお願い申し上げます。

 

 

2018-08-28 10:00:00

早いもので、もうすぐ9月に入りますね・・・

少し涼しくなり、お着物を着てお出かけしたくなる季節になりますね。

と、なると着付け師さんはブライダル、七五三と大忙しのシーズンに突入。

そして、あっという間に来年の成人式を迎えることになりそうですね。。。

 

1年に数回しか着付けをしないので、感覚が鈍ってしまう・・・

資格はあるのだけれど、久しぶりなので忘れてしまった・・・

他装は初めてだけど、短期間で習得したい・・・

そんなご要望から、先日桜美林大学のゆかた講習会でご一緒させて頂きました

斎藤優見先生と成人式の振袖着付けの講習会を行うことになりました。

 

日時(全15回開講)

毎週・月曜日 19:00~21:30

9月3日、10日、17日、24日

10月1日、8日、15日、29日

11月5日、12日、19日、26日

12月3日、10日、17日

 

場所

JR橋本駅前 イオン6階

 

コース

【全15回コース】  料金 60000円(税別)

・肌着の付け方、補整の仕方から、着付け、基本の帯結び3種類、応用の帯結び3種類

・着付けをする際の立ち居振る舞いや、心得などもお稽古の中でお伝えできればと思いますので、

振袖の着付けをゼロから習得したい方、かなりのブランクがあり、いきなりお仕事に復帰するには

不安な方などにおすすめです。

 

【全7回コース】   料金 28000円(税別)

振袖の着付けが一通りできる方が対象になりますので、

基本の帯結び3種類、応用の帯結び3種類の習得と、苦手ポイントの克服につなげて頂ければと思います。

 

【全3回コース】   料金 13500円(税別)

振袖の着付け、帯結びが一通りできる方が対象になりますので、

時間を短縮して着付けられるようになりたい、着崩れなく着付けるポイントを知りたいなど

その方のお悩みに合わせ、来年の成人式に不安なくお仕事して頂けるようなお稽古になればと思います。

 

【成人式直前講座】   料金 5000円(税別)

2019年1月7日(月)、成人式1週間前のスピード実践練習になります。

 

日々忙しくされている美容師さんに、毎年ご自身の技術確認や問題解決をし、

着付けテクニックを高めて頂くためにこちらの特訓会を設けました。

現役の着付け師が、実際の現場での対応力を上げられるよう、手さばきを細かく指導致します。

通常の学院では聞けない、現場のアルアルも惜しみなくお伝えできればと思っております。

 

来年の成人式、新成人のお嬢様に振袖着られてよかった・・・と笑顔で一日を過ごして頂けるように

皆さんと一緒にレベルアップできればと思っております。

 

美容師さんでなく、着付け師の方、これから着付けをお仕事にしてみたいな・・・と

思っている方のご参加もお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-08-18 10:00:00

ホームページの更新がままならず、久しぶりの更新となりまして、申し訳ございません。

 

先日、毎年桜美林大学の海外留学生の方々に浴衣の講習会を行っている

Kimono World Life代表の斎藤優見さんにお声かけ頂き

今回初めて参加させて頂きました。

車座.jpg   着物広げているところ.jpg

 

着付け(腰紐)手伝い.jpg   着付け(帯結び)手伝い.jpg

最初は緊張気味の留学生の方々でしたが、いざ浴衣を手に取って羽織ってみると

真剣な表情で着付けをされていました。

ボタンもファスナーもないのに紐だけで着られるなんてすご~い!

ぐるぐる巻かれてラッピングされているみたい!!!

着物って本当に、布に優しく包まれているみたいですよね・・・

帯結び 男子.jpg

最初は緊張気味だった男の子も頑張って自分で帯を結んでいました。

前で結んで後ろに回す?最初は疑問符だらけの様子でしたが

思ったよりも早くできた~と、驚きの表情。

出来上がり 女子写真.jpg  男女出来上がり .jpg

頑張って着られたら、みんなで撮影会

思い思いのポーズでパシャり!!

ゆかたのデザインや造形に興味を持ってくれた方も多く、

お部屋で着るものなのにこんなに華やかで日本人ってオシャレとびっくりされていました。

また、今年は畳み方に感動してくれた方が多かったようです。

ついつい適当にぱぱっと畳んでしまいますが、次に着ようと思って広げた時に、

あら~すごいシワになっている、新しい線ができてる・・・

なんて事がありますが、そんな事がないようにきちんと畳んでおけば

アイロンいらずでキレイに着られるようになっているんですよね。。。

今回改めて、日本人が大切にしてきたものを気づかされた気がしました。

こんな機会を頂けて本当に感謝です。

 

今回ご一緒させて頂きました斎藤優見先生のホームページはこちらです。

https://kimonoworldlife.com

着付けや着付け教室、スタイリングなど幅広く活躍されている優見先生。

今後、他装のお教室などできたらいいね・・・とお話しています。

 

2018-06-27 10:00:00

先週6月23日(土)、24日(日)金町にある“蔵のある古民家Domahouse”さんにて

子どもの浴衣と甚平の展示販売会&ママによる子どもの浴衣着付教室が開催され、

私は23日(土)お手伝いさせて頂きました。

 

当日は和裁工房COMA主宰・和裁士の菅原宏美先生の手作りの浴衣や甚平、

古布で作った小物が所狭しと並びました。

浴衣 商品.jpg  昔ながらの紺地や白地の手作り浴衣

商品 ピン.jpg   商品 針山.jpg   商品 コースター.jpg

古布で作った髪飾りやブローチ、針山、刺し子のコースター

商品 階段展示.jpg  ロフトへと続く階段に甚平や小物が並んでいます。

 

当日は午後から雨が降ってきてしましましたが、あいにくのお天気にも関わらず

たくさんの皆様にご来場頂きまして、本当に有難うございました。

 

お子様の浴衣というとカラフルな色目を想像されると思いますが、

昔ながらの白地や紺地のすっきりとした浴衣。

お母さまも最初は少し地味かしら・・・とおっしゃっていましたが、

赤やピンクの絞りの兵児帯を合わせて、あらかわいい^^と・・・

 

大人も子供もそうなのですが、お着物は着物だけでコーディネートが完成するわけではないので、

お着物だけで見ていてちょっと地味かな・・・と思っていても、帯を合わせることで

ぐっと華やかさがでたり、逆に華やかすぎるかな・・・と思うお着物は帯でぐっと控えめにしたりできますよね・・・

そこが着物の奥深さ、楽しいところでもあるような気がします。

 

お求め頂きました浴衣は、その場で肩揚げ、腰揚げの調整をしてお渡し。

来年以降はお子様の成長に合わせて揚げを調整すれば、3年くらいお召し頂けます。

ものを大切にする日本人の知恵がつまっていますね・・・

 

宏美先生手作りの浴衣は、胸紐がついているので

お着付けも簡単^^

お母さまも、これなら着せてあげられそう・・・とおっしゃっていました。

この夏、たくさんお召し頂けたら嬉しいです。。。

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7